So-net無料ブログ作成

リーフレッシュ [リーフ]

 前回、途中経過を書きましたが、登録して5年10ヶ月、走行距離150,000kmで駆動用バッテリを交換しまして、私のリーフもリフレッシュ完了です!
 同じリーフ(+ ノート e-POWER)乗りの「ともおさん」が “リーフレッシュ” と呼んでおりましたが、まさにその通りです^^

batchan1.jpg

batchan2.jpgbatchan3.jpg
 ↑ 電費の差はありますが、同じフル充電で出発したのにこの違い!

 久しぶり(前回11セグになったのが2013年8月26日の朝なので3年3ヶ月ぶり)に12セグのメータ表示を見るのは嬉しいものです。
 もちろんタダで戻った訳ではありませんが、それでも今の勤務地に異動になって増えた分の交通費を「無かったもの」として(それを当てにしていると元の場所に戻った時のダメージが大きすぎる^^;)貯金してきて、そこから捻出したので「タダ」で交換できたようなもんです。まだあと2回は交換できる・・・

 1週間振りに私のリーフが戻ってきた訳ですが、代車で借りていた現行版リーフでは、前回もチラッと書いた通り、暖房を入れた時が特に感動しました。
 「すぐ暖かい風が出る」「消費電力をこまめに調整している」「航続可能予測距離の落ち込みが少ない」・・・などなど、この季節だからこそ感じたポイントでした。もちろん寒冷地仕様にしなかった自分にとって「シートヒータ」と「ステアリングヒータ」が標準で付いているところも羨ましい限りでした。
 その、航続可能予測距離の算出アルゴリズム(?)も私の初期型と比べ、進化しているなぁ・・・と思いました。
 来年の今頃には2代目リーフが形になっていると思われますが、そんなこの時期でも初期型オーナーさんが現行型(30kWhモデル)に乗り換えられる方がおられるのも分かる気がしました。
 と言うか、「だからこそ」買い換えられるのかも知れませんけどね^^

 ちなみに、私は今回バッテリを交換しましたので、さすがにモデルチェンジ後すぐに乗り替え(られ)ないでしょう。車検をあと2回受けて、3回目のタイミング前(2021年末)までに次のクルマにバトンタッチできたら・・・と考えています^-^


追記
 そうそう・・・バッテリが新しくなったのを機に、考え方を改めた事を書き忘れました。
 『もうこれからは、タイマー充電の設定で80%充電(ロングライフモード)は行わない!』
 5年10ヶ月使ってきて、80%充電が本当に効果があるのか怪しいと思っていた事もあり(実際、現行版リーフにも設定が無いですし・・・)、ちょうど良い機会なので、これからはそうする事にしました。


 リーフが戻ってきたのは12月8日(木)でしたが、実はバッテリ交換の日程が決まる遙か(ちと大袈裟)以前から9日~10日は房総方面にドライブ旅行に行く計画でした。
 そんな中、今回頼んだ日産ディーラーさんでは、私の前にも後にもバッテリ交換をするリーフが控えているという人気振りなので、日程は相手にお任せするしかありません。
 それで11月30日(水)から・・・と決まり、預けに行った訳ですが、その際「1週間くらい掛かると思ってください」との事でしたので、何とか旅行までにはギリギリ間に合うなぁ・・・と、一安心したのです。

 ただし、6日(火)と7日(水)は日産さんが連休なので、もしかすると1週間以上掛かってしまう可能性も無きにしも非ずでしたが、『最悪、暖房が心地良い代車のリーフをそのまま借り続けてドライブに行っちゃってもイイんじゃね?!^-^』と悪魔の囁きも聞こえていた中で、「完了しました!」と電話があったのは5日(月)・・・
 せめて、もう少し “暖かい通勤” を続けたかったので『今日は行けませんので、休み明けに!』
 かくして、旅行の前日にリフレッシュした私のリーフが戻ってきたのです。


 9日(金)・・・フル充電して出発。
 圏央道(「片側1車線の対面通行」という私の嫌いな道路形態なのですが仕方ない・・・)→東関道→京葉道路→館山自動車道を走り、途中、充電するために市原SAで一休みします。
 ここまでおよそ100km・・・到着時の電費が8.5km/kWhだったので、バッテリ交換前なら警告灯は完全に点き、「---」表示にもなっていたと思いますが、果たして結果は・・・「■■■□□□□□□□□□」(3/12)でした。
 28分で充電を止めましたが、9.6kWh充電出来たようです。
 ただ、私はどうしてもこの充電器に表示される数値は信じられないので、9.0kWh程度に考えます。

 そして君津ICで降りて外房方面へ・・・途中、亀山湖で遊覧ボートに乗って “終わった紅葉” を見て、鴨川へ抜けます。
 だいぶ遅い昼食を食べて、海沿い(国道128号線→410号線)を南西に向かって房総半島最南端の野島崎へ。
 この日は天気は良かったのですが南寄りの風がものすごく、海岸線から離れていても眼鏡が波しぶきで真っ白になりました><;
 日が沈むのを見てから、この日の宿「夢みさき」へ向かいます。

 以前「寝ている間に充電出来る宿泊施設」のマップを作っていた時からこの宿の名前は知っていましたが、ここには200Vの充電用コンセントが設置されています。
 予め連絡しておけば(駐車)場所を空けておいてくれます。設備利用料金は掛からないので、他に充電する方がいなければ、思う存分充電ケーブルをコンセントを繋ぎっぱなしにしておけます。
 そうそう・・・コンセントだけなので、充電ケーブルは必ず持参しないとダメですよ(≧▽≦)

 翌朝、フル充電状態で出発できました^^
 ECOモードに入れた状態で久しぶりに200km超えの航続可能予測距離の数値に思わずニンマリしながら・・・

batchan5.jpgbatchan4.jpg


 内房方面を進み、「道の駅 保田小学校」(駐車場は満車でしたが、QC前は空いていました・・・自分はまだタップリあったので、駐車場が空くのを待ってました^^;)や、「東京ドイツ村」(ここには充電器の「じゅ」もありませんが、普通充電スタンドがあると便利かも)などに立ち寄りました。

batchan6.jpgbatchan7.jpg
 ↑ 「道の駅 保田小学校」(左)  /  「東京ドイツ村」(右)


 日も沈んですっかり寒くなったので、暖房を入れて帰宅の途に・・・姉崎袖ヶ浦ICから館山自動車道に乗り、昨日と逆コースを辿ります。
 帰りもまた市原SAに寄って充電します。とりあえず行きも帰りも充電待ちする事なくスムーズに充電開始できました。
 その間、自分たちも充電しようと夕食を食べていた時にふと外を眺めると、次のリーフが待っているようだったので、充電完了メールが鳴る前に戻って、今度は “29分” ^^;で充電を止めます。
 リーフを移動させてから戻って、残りを食べ(30分ってホントあっという間ですよね><)、お土産を買って自宅へ!
 帰りはずっと暖房を入れてきたので電費が6.8km/kWhでしたが、100kmちょっとの道のりを「---」にならずに帰ってこられたのはバッテリ交換の賜物でしょう^^

 充電器を設置する際の考え方として「経路充電(急速充電器)」と「目的地充電(普通充電器)」があります。今回は図らずも文字通りピッタリそういう体験ができましたが、こういう運用が普通に当たり前のようにできる社会が早く到来する事を期待した2日間でした。
 そして特に、(簡単に下に逃げられない)高速道路上のSA・PAには充電器の複数設置・待機場所の確保が必要だなと強く感じました。


 私が知っている何人かの初期型リーフのオーナーさんの最近の行動を見ていると、バッテリ容量が減ってきて「さてどうするか?」という段階で、私のように「バッテリを載せ替える」方と、「30kWhモデルのリーフに乗り換える」方が結構おられるように感じます。
 もちろん、今のまま乗れるだけ乗ってモデルチェンジを待っておられる方も多いのでしょうが、今、この時期にアクションを起こされる方が想像以上に多くおられるようで、正直驚いてます。
 いずれにしても、これから先もまだまだ(ずっと?)「EV(リーフ)に乗り続けたい」と思われる方がほとんどのようで、リーフの開発責任者だった門田さんもガッツポーズをされていると思います^^

 私は、できれば騙し騙しこの冬を乗り切ろうと考えていましたが、確かにEV(PHV含む)は増えていて、通勤経路上のQCの利用率も高くなってきており、待たずに利用できる確率が低くなったのもバッテリ交換に踏み切った要因です。
 日産の「旅ホーダイ」キャンペーンも始まりましたし、プリウスPHVも登場してくると、これからますます主要箇所(=みんなが使いたいと思う場所)にあるQCでは充電待ちが増えるのは想像に難くないです。まさに「嬉しい悲鳴」と言ったところでしょうか。

 充電スポットについては以前も書きましたが、今は「踊り場」に差し掛かっているみたいで、増加のペースが鈍くなっております。
 しかしEVは外車も含めて増えるのは間違い無いので、更に3段目・4段目のロケットを点火させて踊り場を脱出しなければなりません。
 トヨタがプリウスPHV用に各営業所に充実を図っている充電器はNCSネットワークに繋がるとは言え、普通充電器ばかりですし、それも営業時間しか使えないものがほとんどなので、今のままでは「数」に入りません。
 トヨタが周りに与える影響は絶大なものがありますので、これからのトヨタの動きには注目したいところです。・・・プラス、あとは日産と連携を強めた三菱の方針でしょうか。


 世は「コラボ」ブーム。

 リンゴでもパイナップルでも何でも構いませんので、充電インフラ整備を何かとコラボさせて、何とか充実・発展していって欲しいなぁ・・・なんて思っています(≧▽≦)

nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
新しもの好き

交換バッテリーのSOH92%て何でだろう? 新品ではないのかな?
高速道路、高出力でなくていいので充電器増やして欲しいです。ちょこっと充電すれば次の充電器行ける場合結構あるので本当にお願いしたい。

by 新しもの好き (2016-12-15 17:16) 

Yoitomake

Muteさん!

200㎞超えが表示されるのですね。
素晴らしい!
自分も初期型リーフの買ったばかりの頃
何度か200㎞表示を見たことがあります。
載せ替えを検討されている方にとって
とっても貴重な情報ですよね。

これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
by Yoitomake (2016-12-15 21:48) 

Mute

新しもの好きさん>
 SOHが100%じゃなくても、新品バッテリになったと思わせておいて下さい^^;

 本当に、高速道路はQCが複数欲しいですよね。
by Mute (2016-12-16 00:09) 

Mute

Yoitomakeさん>
 バッテリが元気な今のうちにホント1度でいいので、カタログデータの200kmを走ってみたいところですが、季節が最悪ですね><;
 まぁでも、1つの選択肢としてバッテリ交換に踏み切りましたが、今では良かったと思っています^^

 私としては「リーフ30」の貴殿の感想が今から楽しみです!
by Mute (2016-12-16 00:18) 

リーフ好き

アメリカ在住のものですが私も4セグ切れたのでバッテリーを交換しました。航続距離が倍に伸びた感じです。2013年後期の変更で容量を少しふやして初期の見かけの容量減を減らしてさらに熱に強くしたようです。私は80%充電に戻しました。影響が目に見えなくても80%のほうがバッテリーにいいことは確かです。毎日80%まで充電しておいて滅多にない遠出の時は計画が分かり次第急いで20%増し充電しています。
by リーフ好き (2016-12-29 00:49) 

Mute

リーフ好きさん>
 遠いところコメントありがとうございます^^
 80%充電のほうがバッテリに優しいのは確かだと思いますが、今まで「なるべく80%充電」で来たので、この機会にそれをやめて、比べてみようと思った次第です。
 ただ、充電してそのまま1日乗らないような事は無いようにしようと思っているので、週末など出掛ける予定が無いときは充電せずに、それでもし土曜日とかに出掛ける事になってしまったら近くのQCで充電しようと思っています。
by Mute (2016-12-30 22:00)