So-net無料ブログ作成

努力は認めよう [雑記]

 以前も書いた事がありますが、例年、4月上旬頃に東京へ4日間の出張に行くパターンが定着しており、満開の桜を東京で見られるか、行く前にもう散っちゃっているか、帰ってきてから茨城でも見られるか、その年その年で違いますが、今年は結構長い期間楽しめましたね。
 そして、毎年桜が咲く季節になると、ほぼ同時に我が家の桃の木も花を咲かせます。同様にこちらも長く頑張ってましたが、先日の雷雨でとうとう散り始め、今夜から明日朝に掛けての嵐でほぼ完全に終わりでしょう。
 以前はライトアップをしたりして、近所の方にも楽しんでもらってましたが、諸事情により6年前から中断してました。でも今年は出張から帰ってきてもまだ咲いていたのを見て急に思い立ち、久しぶりに1日限定で復活・・・準備不足は否めませんが、自分なりに満足でした^^

17momo.jpg


 また、今月からNHKの朝ドラでは主人公が茨城県(の奥地^^;)出身という設定の「ひよっこ」が始まり、毎朝8時になるとリーフのテレビで見ています。
 えぇ・・・走行中は勿論テレビは映りませんけどね。(お約束)

 生まれも育ちも茨城県民の私にとっては、朝から茨城弁が聞こえてくるのは楽しいひとときですし、登場人物の名字も聞き慣れた感じのものが多く使われておりなかなか感心です。(←偉そうに^^;)

 ただ、今日の放送(13話)で・・・みね子が芋の入ったカゴを運ぼうとした時に、茂じいちゃんが「重いど。持でっが?」と尋ねると「大丈夫だよ、これっくらい。」と答えながら運び始めました。その後ろ姿を見ながら茂じいちゃんは微笑みながら「大丈夫がぁ?ホントに。」と言うシーン・・・
 この場合の「大丈夫がぁ?」はストーリー的には別の意味も含まれているのですが、それは置いといて、やっぱり茨城弁としては「大丈夫」は「だいじ」と言うと思うので

 「重いど。持でっが?」「だいじだよ、これっくらい」「だいじげぇ? ホントげ」

 こんな感じだと思うんですが、さすがにいきなり架純ちゃんに「だいじ」と言われたら全国の人向けに字幕(「だいじ=「大丈夫」の意」みたいな)が要りますね(≧▽≦)
 この先、舞台の中心が東京に移ってしまうと茨城弁の登場が減って、少々寂しくなってしまうと思いますが、「あまちゃん」と同じように時々「奥茨城村」が映ってくれれば良いかな^^


 そんな広い茨城県の南から中央までを毎日往復している我がリーフですが、走行距離が先日160,000kmを超えました。

160000km.jpg

 来年の1月に3回目の車検を迎える頃には180,000kmを超えていると思いますが、新品のバッテリ(と言っても交換後既に10,000km走ってますね・・・)は別としても、その他のパーツも今のところ問題無さそうなので、まだまだ元気に走ってくれると思います^^
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。