So-net無料ブログ作成

どうしましょうかねぇ [リーフ]

 今年の(一応「茨城県」の)9月はスッキリ晴れない日が続き、まさに「秋の長雨」状態で、梅雨時季よりぐずついた日が多かった感じがしています。
 稲作農家の従兄弟も「今年は稲刈りが順調にいかなくて困ってる」と言ってましたが、全国的にもまた大雨の影響を受けた年になりましたね><

 個人的な話になりますが、9月1日に人事異動があり、その際「人によっては、10月1日付けで再び何かしらある・・・」と聞いたので、『おっ!? もしかして10月から土浦に帰れるのか?』と思いました。
 しかし、今日(9/28)現在までに再びの内示がありませんので、ただの昇進だけで終わり、10月以降もしばらく往復120kmの水戸勤務が続きそうです。

 ・・・と言う事で、間も無く6年/走行距離146,000kmを迎える我がリーフのバッテリを交換するかどうか、いよいよ決断しなければならなくなってきました^^;

 LeafSpyで見る限り、バッテリのSOH(=劣化状態:State Of Health)が65%に突入したところなので、間もなく容量計も8/12セグになると思います。
 また、あくまで自分の脳内推定容量ですが、現在14.3kWh程度だと思っていますので、亀が出る「残り0.5kWh」を引いて、13.8kWhの電力量で120km走らなければなりません。
 つまり、この冬は平均電費が8.7km/kWh以上で走ら(れ)ないと、帰りにどこかで電欠する事になります。

 ちなみに、昨年(2015年)10月から今年(2016年)3月までの電費(km/kWh)の推移を見ると

10月 9.1
11月 8.9
12月 8.5
1月 8.1
2月 8.3
3月 8.6

 となっていたので、今年の冬も同じ電費で推移すると仮定すれば、12月にはもう電欠です^^;

 帰り道に寄りやすい充電スポットはコンビニが1箇所と、常磐道のSA・PAの計3箇所あるので、毎日どこかに寄って5~6分ほど補充電すれば大丈夫だと思いますが、EVも増えましたから充電待ちも覚悟しなければなりません。
 バッテリを載せ替える方向に気持ちは傾いているのですが、背中を押す力がまだちょっと弱いようです。

 バッテリ以前に、タイヤもそろそろ交換しなければならないので、『現在ラベリングAのタイヤを、AAクラスにするだけでも電費が良くなるか?』とか、『リーフのあちこちにアルミテープを貼りまくって静電気が溜まりやすい冬を乗り切るか?^-^』など、別の妄想も膨らんでいます(≧▽≦)

 発売から6年経つのに、次世代リーフのまともな情報が未だに出てこないところが一番の問題なんですが、いずれにしても頭を悩ます日々がしばらく続きそうです。

 それにしても、海外メーカーのEVもだいぶ進化してきましたね^^

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車