So-net無料ブログ作成

余裕、余裕・・・ [自動車]

 密かに自分へ課している(?)「ブログを最低 “3回/1ヶ月” 更新」という目標も、カレンダーを見て諦めつつある今日この頃ですが、皆さん如何お過ごしでしょうか。
 誕生から間もなく2年を迎えるリーフも、その2歳の誕生日を迎える前にお色直しがされるようで、初代オーナーとしては嬉しくもあり、羨ましくもあり^^;、どういうふうになるのか今から楽しみです。

 少なくても航続距離は伸びるでしょうね。10%伸びたとして220km・・・これくらいにはなるかなぁ?
 バッテリ容量がリーフ(24kWh) より少ないFIT EV(20kWh) が225kmなので、ここらへんは日産の意地を見せてもらいたいものです。

 私がリーフの前に乗っていた初代プリウス(10系)も、最初に乗り始めたオーナーさんたちの声を反映してマイナーチェンジ版(11系)が出てきた訳で、それと同じように、進化したリーフが出てくる事を思うと、あの当時の気持ちが蘇ってくる感じです。
 蘇る・・・といえばその頃も何となく感じましたが、プリウスが出るちょっと前あたりからユーザーの気持ちにも少しずつ変化が現れてきていたような気がします。
 というのは、プリウスに限らずクルマ全体が電子制御化・ブラックボックス化が進んだ事で、ユーザーは自分のクルマに対してどうしても受け身(という言葉が適切かは少々疑問ですが・・・)にならざるを得なくなったように思うのです。
 世の中に目を向けるとWindowsやインターネットの普及もあり、一家に一台パソコンが・・・場合によっては一人一台の時代が来ていました。
 パーツを交換する事でパソコンは簡単に性能を向上させられ、ソフトウェアのアップデートで機能も向上、動作も安定します・・・

 そんなパソコン同様自分の身近にあるクルマに目を向けると、こちらはせいぜい外観くらいしかいじれない。パソコンと違って次のモデルが出ても簡単に買い換える事もままならない。
 「ソフトウェアのアップデートで少しは(燃費も)変わるのでは?」とか、「新モデルのパーツを流用して性能を上げられないか?」というような考えを持ち始める方が増えていったような気がするのです。
 でも、それが簡単に出来るようでは新しいモノが売れません^^;
 いずれにしても、後からより良いクルマ (だけじゃなく、どんな工業製品でも・・・ですね) となって出てくるのは世の常なので、羨ましい気持ちを滲み出しつつ、今使っているモノを100%使いこなしていきたいものです。
 初代モデルというのは全体的に余裕を持たせた作りになっているハズなので、限界点は結構深いのではないのかなぁ・・・

 従来のクルマなら車検のたびに買い換える・・・なんて方もおられましたが、補助金制度を利用した場合にはなかなかそうも言ってられません。でも、リーフの進化の度合いによっては補助金を返して買い換える(補助金貰い直し?)オーナーさんもきっと出てくるんだろうなぁ^^;
 自分も “先立つもの” (・・・と、○○を説得する話術) があれば、今のリーフを LEAF to Home 専用のバッテリとして(・・・となると、広大な庭も要るな)利用し、新しいリーフを買うのに(≧▽≦)


そう考えると今のGT-Rは凄いと思う


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

リーフなら何周できただろう? (後編) [自動車]

 今日もまた前回前々回の続きで、11月3日に筑波サーキットで開催された「第17回日本EVフェスティバル」に遊びに行った時の話です。これで完結です^^;

 この日はそれまでにプリウスα、カムリHVと2台のハイブリッドカーの乗り心地を確認した訳ですが、最後に、昨年でさえ(?)乗らなかったリーフに今回は乗ってみようと思い、整理券をもらいました。
 時間は13:05となっており、12回目と書いてあります。
 試乗会が行われる時間は13:30までなので、13:05の次は13:15だけだったような気がします。と言う事は、全部で13回・・・もしくは13:25の回が設定してあったら14回ほど試乗車はサーキットを回ってくることになります。
 しかも全開で(≧▽≦)

 ちなみに、用意されていたリーフの試乗車は全て横浜ナンバーが付いていたと記憶していますが、まぁ車載車に載せて運んできたんでしょう。
 前回、(筑波サーキットには急速充電器はもちろん、200Vのコンセントも見当たりませんよ・・・)なんて書きましたが、本当は200Vのコンセントくらいならあるのかなぁ?
 まぁ、あっても不思議じゃないんですけどね。

 いずれにしても、リーフで筑波サーキットを何周くらい走れるのかは興味があります。


あと少し続きます


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

あれは張りぼて (中編) [自動車]

 前回の続き。

 11月3日に筑波サーキットで開催された「第17回日本EVフェスティバル」でエコカー試乗を行った時のお話ですが、最初に乗り込んだのはプリウスα。
 3列シート・7人乗りのいわゆるプリウス・ワゴンですが、同乗していたのは私を含め3名。私と妻は後部座席(2列目)に座りました。ドライバー担当はまるも亜希子さん

 走り出す前に一通りプリウスαについての特徴などを分かり易く説明して下さりますが、さすがジャーナリストさんだと感心しながら聞いていました。
 「(前に乗っていたプリウスとは)全然違うね」と、車内の内装などを見ていた妻がつぶやいてましたが、当然です・・・私が以前乗ってたのは初代プリウスだからね^^;
 プリウスαはセンターコンソールの下にバッテリを積んでいる構造になっている事もなかなか面白いなぁと思いましたが、30系プリウスよりは乗り心地も向上しているみたいですね。

 コースに出るまではEVモードで走ってましたが、コースに入って速度を上げれば当然普通にエンジンが掛かります。アクセル全開のHVも普通に速いです。
 第一ヘアピンを抜けてダンロップコーナーへ向かっていると、まるもさんが「あっ! 後ろから暴走リーフが迫ってくるので道を譲りますね」と言って左側に寄せると、右側をリーフが楽しそうに(?)追い越していきました。


あと少し続きます


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

握手するのを忘れたぁ! (前編) [自動車]

 11月3日は昨年に引き続き、筑波サーキットで開催された「第17回日本EVフェスティバル」へ行ってきました。
 メインイベントは14:00スタートの “コンバージョンEVの耐久レース” ですが、それ以外にも電動カートの30分耐久レースとか、エコカーの展示・試乗などの企画もあり、楽しい時間が過ごせます。
 朝8:00の開会式には間に合いませんでしたが(家を出たのが8:45だもんなぁ^^;)、10時過ぎには着きました。
 道中、バックミラーに青リーフが映ったので(おぉ、こんなところで珍しい)と思っていると、あっさりと私の黒リーフを抜かしていきました・・・リアガラスには大きく「日産レンタカー」のステッカーが・・・。

 1時間ちょっとで筑波サーキットに着き、駐車場に入ると昨年は見る事が無かった(・・・当たり前ですが)リーフが何台も駐まってます。
 それも富士山ナンバーの黒リーフとか、豊橋ナンバーの銀リーフ(「わ」ナンバーだったのでレンタカーっぽい)なども混じってましたから、関東以外からも来ていたようですね。
 EVでやって来るEVフェスティバル・・・いいねっ!

 中に入るとまっすぐ日産のブースに向かいます。
 そこにはノーマルリーフとNISSAN LEAF NISMO RCがありました。LEAF NISMO RCは初めて見ましたが、やっぱりレーシングカーのデザインってのは惚れ惚れワクワクしますよねぇ~(*^o^*)

11evfs01.jpg

 お昼前にはLEAF NISMO RCもデモ走行をしてすぐ目の前を走っていましたが、爆音は轟かない代わりに、コース場に落ちている細かい石みたいなものを跳ね飛ばすパチパチ音が良く聞こえたのが、とても印象深かったです。

11evfs02.jpg
 ↑ デモ走行後に戻って来たところをパチリ



あと少し続きます


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

半径20km圏内には無いなぁ [自動車]

リーフの国内登録台数を見ると

2010/12 …19台
2011/01 …962台
2011/02 …2593台
2011/03 …846台
2011/04 …177台
2011/05 …472台
2011/06 …407台
2011/07 …463台
2011/08 …529台
2011/09 …807台

 となっており、昨年12月から今年9月までの合計では7275台になります。

 今は試乗車もだいぶ増えましたので、試乗して、じっくり検討してからでもリーフを買えますが、私のような2011年1月に登録をした人みたいに早い段階で登録をされた大部分の方は、カタログだけで注文書にハンコを押したと思うんですよ。(もちろん発売前にもメーカーでは何度も試乗会をしていましたけどね)
 私の場合、リーフが納車されるまでに、リーフに触れる機会が2回ほどありました。どちらの場合も自分でステアリングを握って走る事は出来なかったので、ホントに触るだけでしたけどね・・・

 リーフを初めて見たのは昨年11月3日に筑波サーキットで開催されていた「第16回日本EVフェスティバル」の会場で展示されていたものでした。
 同乗試乗会もやってましたが、自分で走らせられる訳ではないので私は別の車に同乗試乗しましたが、リーフの人気は高くて、整理券が早い段階で全て無くなっていたのは覚えています。

 今年も同じく11月3日に筑波サーキットで「第17回日本EVフェスティバル」が行われる予定で、私もまた行きます。
 今年は念願だった(?)自分のリーフに乗って筑波サーキットへ行けます^^
 きっと他にもリーフとかi-MiEV、コンバージョンEVなどで来られる方も出てくるかも知れませんね。
 ちょっとしたオフ会みたいのが出来たりなんかして・・・(≧▽≦)
 でも、筑波サーキットには急速充電器などは無いので、遠くから来られる場合は行き帰りにどこかで充電するところを探してからお越しくださいね><ノ

 当日の詳細については主催の日本EVクラブさんのHPで確認して頂きたいと思いますが、今月いっぱい日産銀座ギャラリーでも展示していたNISSAN LEAF NISMO RCも展示(←もちろんこれは試乗は絶対ムリですね^^; でも、せめて走行シーンは見たい気がする・・・)されるようなので、楽しみです。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

玉石混淆 [自動車]

 関東地方は明日にも梅雨明けか?くらいの勢いになってきましたが、今年も暑くなるのでしょうか・・・

 今日は職場で有志による暑気払いを兼ねたバーベキューがあったのですが、誰かが夕方前から仕込みに入り、おかげで室内が魚臭いこと・・・臭いこと・・・日曜日、講習に来た受講生が可哀想だな^^;
 基本的に私は飲まないので、今日もコーラを飲みつつガンガン肉を食ってました^^
 まぁしかし、何でもそうだと思いますが、後片付けをしている時が一番空しいよねぇ・・・

 そういえば三菱のi-MiEVがマイナーチェンジしましたね。
 中でも、バッテリ容量を小さくして(16kWh→10.5kWh)充電時間の短縮を図った(15分の急速充電で80%充電できる)低価格グレード(M)の追加なども面白いところですが、何とこのMグレードはその急速充電機能がメーカーオプションという思い切りの良さ!
 同じ車種で違うメーカーのバッテリを採用するあたりも珍しいですよね。

 更に、このマイナーチェンジに合わせてi-MiEV専用のナビ(AVIC-ZH09-MEV)がカロッツェリアから発表され、電費が良くなるようなルートを探索してくれるという機能が素晴らしい!!
 リーフのナビも「有料優先」「一般優先」「距離優先」に続いて「電費優先」が一日も早く追加される事を期待したいところです・・・今のままだと「勾配何それ?」ですもんね><

 また、急速充電口から逆に電流を戻して交流100V/1500Wが取り出せる装置のデモンストレーションをしている場面をニュースでも見ましたが、CHAdeMOの規格として正式に充電も給電も出来るプロトコルが確立すると良いのですが・・・


 電気自動車といえば昨日、光岡自動車の「雷駆-T3」についてもニュースで見ましたが、シートベルトもヘルメットも要らない三輪電気自動車だそうです・・・60km/hくらいスピードが出るらしいので、ボディが無い状態(将来は付ける予定とか言ってましたが)で助手席に座るのはなかなか勇気が要りそうですね。

 とにかく、いろんな人がいて、いろんなニーズがあるので、どういう電気自動車が受け入れられていくのかまだまだハッキリしていない訳ですし、裾野はどんどん広がっていくに越した事はありませんので、流れとしては悪くないと思います。
 バッテリの値段も下がっていくでしょうし・・・
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

スバルはEV撤退かぁ・・・ [自動車]

 年内の仕事は今日まで・・・明日から1月4日まで1週間のお休みです。
 例年だと、いつも仕事納めの日に職場の忘年会を行うのが恒例でしたが、今年は22日にやってしまったので、今夜は仕事が終わればそのまま帰宅する事になります。何だか調子が狂いますね^^;
 まぁ、その時間を利用して、まずは年賀状を仕上げないと・・・

 話はちょっと戻って23日と24日に伊豆方面へ家族旅行に出掛けてきました。全部で6人になったのでレンタカーを借りました。
 私は結構レンタカー好きなので、毎月レンタカー積み立て(?)をしてその日に備えているくらいです(≧▽≦)
 夫婦で遠くへ旅行に行くときも大体、新幹線や飛行機+レンタカーのパターンが多いです。

 リーフに乗るようになると、同時に「日産ゼロ・エミッション・サポート・プログラム」も利用するつもりなので、この中のサービスの1つにある、年間6日(“6回”じゃなくて“6日”ってのがちょっと気になるところですが・・・)までは日産レンタカーの基本料金が半額で利用できる・・・というのを活用すればこれからは随分助かりますねぇ・・・


あと少し続きます


プリウスの思い出 その1 [自動車]

 プリウスに乗り始めた1998年2月・・・他に走っているプリウスを見ることは、まずありません。
 あの頃の出来事で忘れられないのが2つありまして、1つは高速道路のSAで休憩しているときに、「これってハイブリッド車ですよね? 燃費はどれくらいなんですか?」と知らない方から声を掛けられた事です。
 自分のクルマ(だけじゃないけど・・・)について興味を持たれた方から話し掛けてこられるのは、こちらとしてもなかなか嬉しいものです。ちょっとだけ照れくさいところもありますけどね^^;
 話し掛ける方もある程度勇気が要るでしょうに・・・自分が逆の立場だったら、遠くからじ~っと憧れの眼差しで見つめるだけで終わりそうですけどね(≧▽≦)

 もう1つは、交差点で私が信号待ちをして止まっているときに、左の道路から交差点に進入してきた車の(その車は右折して私がやって来た方向へ向かう感じ・・・)右後部座席に座っていた小学生くらいの男の子が、思いっきりこちらを指差して「プリウスだ!」と声を出していた(口元がハッキリそう動いてました^^)のを見たんです。
 嬉しそうに笑っていた(ちょっと、ひいき目に見過ぎかな?^^;)あの子の笑顔は何とも言えず、『子供でもプリウスを知っているんだなぁ・・・』と、これもなかなか嬉しい出来事でした。
 青信号に変わって走り出し、バックミラーに小さく写ってたその車を見た時に、『あぁ、手を振って上げれば良かったなぁ』と反省したものです・・・


あと少し続きます


世界標準になるか? [自動車]

 今のクルマはキーレス・エントリーが当たり前みたいな感じですよね・・・鍵をポケットに入れたままでも、車に近づきドア・ハンドルを握るだけで「ピッ」とかって鳴ってガチャッとドアロックが解除になるのですから、便利な世の中になったものです・・・

 私の場合はユーノス800の時が初めてリモコン・キーの装備された車となり、ドアのLOCK/UNLOCKがスイッチを押すだけで出来るようになったぁ!と、それだけで感動したものです。
 今のプリウスもキーレス・エントリーではなく、リモコン・キーだけです・・・
 どちらも音が鳴ったりハザードが点いたりするようなアンサー・バック機能が無いので、室内灯が点いたのを確認したりとか、ドア・ハンドルを引いてドアロックが出来てるかを確認したり・・・と、今でも最後は非常にアナログ的な行動を取っています^^;


あと少し続きます


理想と現実 [自動車]

 夕べはテレビ東京系「ガイアの夜明け」を見ましたが、電気自動車(EV)の特集とは言いながらも、何だかほぼリーフの宣伝でしたかねぇ・・・^^;
 3日(金)の21時からBSジャパンで再放送するらしいので、見逃した方はそちらをチェケラ!

 番組では11月3日のEVフェスティバルの模様も流れてましたが、改造EVもこれからますます増えてきそうです。
 ちなみに、この改造EVに対しては国もガイドラインを設けて、一定の規格や基準となる指針を示すように動いてるみたいです。

 そんなわけで今日は朝から職場でもみんなその話。
 「今のままの点検記録簿では対応出来ないよなぁ」
 「ウチもEV買わないと研修が出来ないね」
 「EVが普及するには、走りながら給電されるものが出ないと難しいだろうねぇ」
 「電器屋でテレビや冷蔵庫の隣にEVが置いてある時代が来るんだろうね」

 ・・・などなど、話が尽きません^^
 EVは排ガスが出ないので、建物の中で走らせても問題無いですもんね・・・救急車がEVになったら(砂ぼこり等、衛生面は別として)病院の廊下まで突っ走って行けそうです^^;

 いずれにしても整備業界でも意識を持って対応するところと、しないところでは、あっという間に差が開くんじゃないかなぁ・・・


 さて今日は、今まだ乗っているプリウスの話でも・・・


プリウス最大の関心事


mm cm km [自動車]

 また訳が分からないタイトルですが、最初使おうと思った文字が機種依存文字なので、やめました・・・「あぁ、アレを使いたかったのね」とでも思って下さい^^;
 私の場合、本文を入力した後にタイトルを決めるパターンがほとんどなので、大抵意味不明な場合が多いですし、タイトルの深読みも禁止です(≧▽≦)


 先日からトップページにプリウスと筑波山のツーショット写真(本当は、わざと自分の影も入れたスリーショットですが、タイトルバック用にトリミング^^)を載せていますが、これは先日の筑波サーキットから帰る途中に撮ったものです。
 写っている筑波山は、自分の中にある筑波山の形じゃないので、ちょっと違和感もあるんですけどね・・・^^;
 ちなみに、筑波山の形を紙に書いてもらうと、どこで生まれ育ったかだいたい分かるんですよ^^


あと少し続きます


6代目マイカー [自動車]

 平成9年(1997年)秋・・・トヨタから1台の車が発表されました。

 【プリウス】です。

 トヨタがハイブリッド・カーを発売するらしいというのは、その年の春には雑誌とかでも紹介されていましたが、それがプリウスという名前で12月に発売する・・・と、正式に発表されたのが10月頃だったと思います。
 エンジンとモーターを組み合わせることにより燃費は28km/リットルと、カローラなどと比べて2倍の低燃費。
 その動力源の切り替えを人間が行うのではなく、コンピュータが状況を判断して自動的に決めるなんて、超未来っぽ~い!

 10月24日には契約をしていました。

続きを読む


大人の事情はあるでしょうが・・・ [自動車]

 昨日は、日産が12月発売予定のリーフで厚木から京都へ向かっているチャレンジの模様を書いてみましたが、結果も書かないとアレなので・・・

 今日の午後には3台のリーフとも無事に目的地の京都日産十条店へ到着したようです。

gowest2.jpg


 今日は目的地まである程度決められた時間に到着することが最大の目標だったようで、最短距離を狙い、高速道路を走ってみたりして、途中のサービスエリアでは急速充電をして(る様子を見せて頂け)ました。
 充電器が1つしか無いので、3台のリーフが充電終わるのは1時間くらい掛かってたかなぁ^^;

 また、現在Panasonicが「エボルタ君」という充電池を動力にしたロボットで東海道五十三次を走破しようというチャレンジをしていますが、そのエボルタ君とリーフが電池つながり(?)という事で対面を果たしたりして、ただ京都に行くだけじゃなく、こういうちょっとした遊びの要素も入れてるところも良かったですね^^
 電池つながりとは言っても、日産とPanasonicの顔合わせはエールの交換と言う事で、大目に見てもらいましょう・・・^^;
 私には難しい事は分かりません^-^


 さて話は変わって、充電用コンセント工事の下見・打ち合わせのために、業者の方が今日の午後我が家に見えられまして、いよいよそこまで自分のところにも電気自動車の時代がやってきた感じです。

Go West! [自動車]

 あと1~2ヶ月もすれば、日産・リーフがやってきます・・・そうしたら、是非チャレンジしたい事が1つあるのです。


 香川県へうどんを食べに行く!


 リーフを見せびらかせたい友人が四国には居るし(≧▽≦)

 まぁ、その時にはある程度前準備も必要だと思うんですが、その参考になりそうな事を今日と明日の2日間、日産がチャレンジしています。
 3台のリーフが厚木から京都へ向かっており、その模様がUSTREAMで生中継されています。
 『どこらへんで充電するのだろう?』など、いろいろと楽しみな事もたくさんありますが、無事にゴールしてもらいたいです^^

gowest1.jpg
 (↑ クリックしても動きません^^;)

 スタートから95.8kmの地点で、残り航続可能距離が99kmとなっていたようで、頑張れば200kmは走れそうな性能はありそうですね・・・


追記
 初日は、「厚木日産テクニカルセンター」から「ららぽーと磐田」までの196km、充電無しで走りきったようです。
 ららぽーと磐田には風力発電の風車の下に急速充電器が設置されている・・・と、φ(・_・”)メモメモ

5代目マイカー [自動車]

 先日までYMOのお三方がテレビのCMで「ポキオ~ポキオ~」(って私には聞こえましたが)なんて歌ってましたが、11月11日は“ポッキー&プリッツの日”だったそうで・・・
 1日遅れてここに書いても、「何を今更・・」って感じですが><;

 しかし、11月11日は他にもたくさんの「○○の日」って制定されてるんですね・・・まぁ、1並びのおめでたい(?)日ですからねぇ。
 一転、本日11月12日は「洋服記念日」「皮膚の日」くらいですか・・・


 さて・・・今日はタイトル通り、クルマの話に戻りましょう。
 180SXから次のクルマを検討している時に、メーカーや駆動方式等に拘らず、何か面白い機構でも持ってるものにしようと思い、決めたクルマが・・・


 マツダの「ユーノス800」でした。

続きを読む