So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ニュースも「暑い」ばかりです [リーフ]

 ホント、毎日毎日暑いですね><

 ZE1型の「リーフ NISMO」も7月31日にいよいよ出るようで、更に、年末までにはバッテリ容量を60kWhに増やしたリーフも出てくるような話も聞こえてきましたが、このまま順調に広がっていってほしいところです。

 まぁそれにしても、こうも暑いと気になるのがバッテリの具合ですね。高温に弱いリチウムイオンバッテリですから心配です。
 リーフは初代(ZE0)も現行型(ZE1)もバッテリの冷却は自然任せの「空冷」ですので、外気温の影響をモロに受けますし・・・こういう伝統(?)は無くしちゃって良いんですよ、日産さん^-^

 例えば、52系プリウスPHVではバッテリにヒーターが付いていて寒いときは充電時に温度を上げ、暑い時はエアコンで冷やすような制御を行っているようです。
 リーフにも同じようなものが付けば良いのですけどねぇ・・・夏は、せめて車内温(乗員が快適な温度)くらいまでバッテリも冷やしてあげたいところです。
 いずれにしてもバッテリの劣化は宿命なのですから、あとは如何にその量を減らせるか・・・その速度を抑えられるか・・・だと思います。


 私のリーフは1年半前に150,000kmくらい走ったところでバッテリを交換し、それから約47,000kmくらい走っていますが一応まだ12セグを維持しており、感覚的には18~19kWhの間くらいの使える容量がまだ残っているような気がします。
 場合に寄っては、フル充電した直後の航続可能距離の数値が200km近くを表示する事がありますし・・・。

soukoukanou1807.jpg

 まぁそれにしても、連日の暑さですから朝からエアコンは当然入れっぱなしな訳ですが、「冷房は電費にあまり影響を与えない」というのが実感としてよく分かります。(単に「1日の走行時間が2時間程度だからでしょ?」と言われれば反論出来ませんが・・・)

soukourireki1807.jpg

 なので・・・繰り返しになりますが、普通に室内をガンガン冷やしながら、ついでに一部の冷風をバッテリパックにも送ってあげられるようになると、Win - Win(←ちょっと意味不明)なのではないでしょうかねぇ・・・

 ちなみに私の場合、設定温度はオートで25℃にしておりますが、消費電力を考えるとオートはオートで、外気温や周りの状況によっては100%信頼出来ない事がままあるので、そういう時はこまめに設定を変えますけどね^^;

 何はともあれ、皆さん・・・暑さに負けず夏を乗り切ってくださいねっ!
nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 3

shimizu

ブログ いつも楽しく拝見しています。
私もリーフユーザーですが……新型はみんなのバッテリー評価が出てくるまで待とうと思っています。その間に他社が発売してくるような気もしますが?  
私の旧型リーフは、5万5千Km走っています。9セグ迄下がっています。最近の最大航続距離は約80Km平均的には30数Kmで急速充電しています。8セグ程度まで下がった時にバッテリー交換するか?30Kwhの中古車に変えるか?新型購入?迷っています。
いずれにしても現在のバッテリー容量が幾らなのか?正確に知りたいと思うのですが……
by shimizu (2018-09-02 20:21) 

Mute

shimizuさん>
 コメントありがとうございます。
 新型リーフ・・・良いペースで増えているみたいですね。私は新型が出るのを承知でバッテリを交換したので、新型に乗り替える事はしばらくありません・・・無いと思う・・・無いんじゃないかな・・・まぁ、ちょっとは覚g・・・すみません、某関白宣言みたいになりました><
 ただ、クルマとしては私たちの乗る初代に比べ、格段に良くなったという話を伺いますが、個人的には特に内装が食指を動かすところまでいきませんでしたので、真面目な話・・・しばらくは初代を愛し続けます^^

 shimizuさんのリーフですが、5万5千kmで(経年劣化もあるので年式にも因るとは思いますが)9セグというのは正直驚きです。
 使い勝手が劣ってこられたようで、確かに悩みどころですね。

 「正確」となるとなかなか難しい面もあるかも知れませんが、ほぼほぼ正確なバッテリ容量ならば「LeafSpy」のようなアプリを使えばある程度は分かるのではないでしょうか。
 ちなみにそれで見ると私の現在の場合、フル充電後に18.3kWhみたいな表示をしてますが、これだって『ホントかぁ?』と100%は信じてませんけどね^^;
 日産はバッテリ診断をしてくれますが、容量はメータを見れば誰でも分かる「○○セグです!」しか出してくれませんからねぇ・・・もう少し詳細が知りたいところです。

 いずれにしても、バッテリが生まれ変わるとそれだけでリーフも生まれ変わるので、悩まれるとは思いますが、ベストな選択をされますように!
by Mute (2018-09-03 14:34) 

shimizu

 アドバイスありがとうございます。
私のリーフは、初代のものです。最近充電の度に航続距離、温度、充電設備側の充電率、電力メータの読みなどを記録しています。又、Web上での情報をすべて残して通勤などで同じ道を通過した時の電費、消費電力などのデータを比較できるようにしていますが……
例えば、航続距離10数Kmで設備側の充電率30数%などなどシステムマージン??どうなの?と思うときがあります……
LeafSpyも検討したのですが車側に影響を及ぼすとの記述を見かけましたので迷っています。いろいろと教えてください。

新型リーフも借りて数百Km走ってみましたが 急速充電での低速充電設備 30分充電だと航続距離が伸びず結果として30Kwhリーフでもいいかな?とも思いました。ただ、運転上のソフト部分は驚くほど進化してるように感じました。
by shimizu (2018-09-03 22:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。