So-net無料ブログ作成

そして寒い季節に [リーフ]

 Twitterでは時々生存報告を兼ねてツイートしてましたが、ここではご無沙汰してました。前回更新したのが7月20日だったので、ほぼ5ヶ月近く間が空いてしまいましたが、この間も身の回りで何かが特に大きく変わった事もありませんので、ご心配無く・・・

 リーフも年が明けると登録から8年になりますが、先日210,000kmを越えました。8月に200,000kmを越えた事をブログに書く前に210,000kmに^^;
 2年前の12月にバッテリを交換してから60,000km走りましたが、まだ容量は12セグを保っております。ただ、残量警告灯が点くあたりのメータの挙動から、そろそろ11セグも近いかな・・・と。

210000km.jpg

 今のところ、順調に年間30,000kmのペースで走っております。リーフに乗り替えて1年後に水戸へ異動となったのですが、今までの先輩方を見ていると普通は長くて5年で戻れていたのに、いざ私の番になったあたりから会社の内部的な変化もあってパターンが崩れ、土浦に戻れる日も遠のいたようなので、もうしばらく今のままみたいです。まぁ、結果的には走行コストの面で考えるとリーフに乗っていて良かったなぁ・・・と、つくづく感じます。

 話は前後しますが、10月から「地方版図柄入りナンバープレート」の交付が一部地域で始まりました。ちなみに人気順では、3年連続リーグ優勝をした広島東洋カープのマスコットなどが盛り込まれている「福山ナンバー」(広島ナンバーではないところが紛らわしい^^;)、次いで “くまモン” がひょっこり顔を覗かせる「熊本ナンバー」、その後には伊達政宗公と仙台七夕まつりの「仙台ナンバー」や、“みきゃん” の「愛媛ナンバー」あたりが上位らしいです。

 我が茨城県には元々、「水戸」「土浦」、そしてご当地ナンバーとして「つくば」がありますが、図柄入りが交付されたのは「土浦」「つくば」(←いずれも土浦登録事務所の管轄)です。
 私も早速交付初日の10月1日に有給休暇を取り(≧▽≦)、交付してきました。

zugara_n.jpg

 土浦ナンバーの図柄は霞ヶ浦の「帆引き船」と、日本3大花火大会の1つに挙げられる「土浦花火大会」が描かれています。
 土浦ナンバーが交付される地域が11市町村という事をイメージし、帆引き船の帆のラインの数と花火の花弁の数がそれぞれ「11」となっているあたりが細かい・・・というか、言われなきゃ分からない^^;
 ご当地をアピールするなら県外にどんどん行かなきゃ・・・なのですが、なかなかその機会も無くて><


 今年も残り半月・・・皆さん、よいお年をお迎えくださ~い(^^)/
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車